Start Kanji!

駆引Lv(低)

駆け引き漢字 へようこそ。仕事、学校、家庭、恋愛でいろいろな漢字を使って駆け引きしている皆さま。こんにちは!世界にはいろんな漢字があります。特に中国語(北京語、普通語)と日本語の漢字の違いを中心に、いろんな場面での漢字の駆け引きを考えていきたいです。

漢字をたくさん使う人にメッセージを送ります。

人生に漢字を練りこみたい方、挑戦する方

 人生に漢字を練りこみたい方、挑戦する方とは以下の皆さまを想定しています。補足で、「駆け引き漢字」を見ると得られるメリット、利点、寄り添える点を書きます!

特に見てもらいたい方補足
子供:幼稚園→小学校の親御さん幼稚園で子供にひらがな、カタカナを習わせることが 終わり、簡単な漢字をそろそろ本格的に学ばせたい  親御さんの息抜き。
ドキドキをたくさん感じれる10代の方吸収力が高く、もしくは1万冊以上の本を読み日本の小説に飽きた10代の方で、友達や周りの人に漢字検定合格以外に漢字で何かしら自慢、トリビアを披露したい人へ
漢詩が好きな方古文ではなく漢詩が得意な高校生、大学受験生で李白、杜甫が好きな人、定年し、漢詩を本格的に読んでみたい、挑戦したい人が満足できるものを将来提供します!

 

ビジネス

ビジネスとは以下の皆さまを想定しています。補足で、「駆け引き漢字」を見ると得られるメリット、利点、寄り添える点を書きます!

特に見てもらいたい方 補足
新しく語学を覚えたい方、
中国で輸出入ビジネスに取り組む方
中国語で「読む、書く、聴く」を行う場合、中国語は漢字が多いためわかりやすいです。そのキーとなる漢字に駆け引き漢字は焦点をあてます!
中国に出張、駐在員、現地採用、駐在員妻で
来ている方、来ていた方
過去を懐かしむ人、未来に挑戦する人、今中国で生きる人に駆け引き漢字は寄り添います!
中国人が彼氏、彼女、旦那、奥様の方大事な人と喜怒哀楽をより共有するために
駆け引き漢字は存在します!
小卒で漢字に不安のある方大卒、院卒も増える中、小卒、中卒の方も一定程度
いらっしゃいます。「駆け引き漢字」は、あまり複雑でややこしい話ではなく、楽しめる内容を提供します。

小学生へ

1年生へ

ひらがな、カタカナを幼稚園で学んだり、1学期、2学期ではそんなに難しくなった言葉が後半になると、漢字が入ってきます。中国では、幼稚園から漢字をやっています。負けずにいろいろと学んでください。「駆け引き漢字」では、たとえば1-10の中国語の読み方や上、下、田などの1年生で習う漢字も記事として扱っていく予定です。お父さんとお母さん、おじいさん、おばあちゃんと一緒に見てもらえるとジャックは嬉しいです。

小学校高学年の皆さんへ

「始め」と「初めて」は「はじ(め)」、「はじ(めて)」と読みます。例えば、お父さんは今日も競馬に行っているかもしれません。競馬の読み方は×「きょうば」ではなく、〇「けいば」です。大人のダメな所を指摘するにも漢字力は大切です。例えば、旗は単独では旗「はた」と読めるかもしれませんが、国旗はどうでしょう。「くにはた」と読んでいませんか?音読みも訓読みも大事です。漢字が苦手な場合は、定期的に復習、予習してください。実験を試みる。読み方は試みる「こころ(みる)」です。テストで「誠みる」と書いていませんか。難しく書いても漢字テストで点数は上がりませんし、先生に褒めてもらえません。「駆け引き漢字」では、小学校高学年、更に中学生でもおっと楽しめるような日本の隣の国の中国簡体字、北京語、普通語を中心に記事を展開します。漢字テストが満点とれれるようになれば、すこし覗いてみてください。

For English Speakers

For English Speakers とは以下の皆さまを想定しています。補足で、「駆け引き漢字」を見ると得られるメリット、利点、寄り添える点を書きます!

特に見てもらいたい方 補足
欧米人で漢字が好き欧米の方で日本、中国に出張、駐在、旅行で
よく来られる方で、漢字に興味がある方
トリリンガル以上になりたい方英語やフランス語などは結構できるが、
中国語に興味がある方
ジャック
ジャック

皆さま!こんにちは!

駆け引き漢字のジャックです。よろしくお願いします!

芽衣
芽衣

こんにちは!駆け引き漢字の芽衣です。いろいろ「漢字」に関連する記事を発信します。

よろしくお願いします。

あわせて読みたい①

駆け引き漢字 | Kakehiki Kanji

「駆け引き漢字」は、中国語にも少し興味がある人で、短い時間にも興味を持って、漢字の面白さを短時間により深く発見、今までとは異なる視点で触れたい人を応援するBlogです。

あわせて読みたい②

ほうれんそうin china | 駆け引き漢字 (kakehikikanji.com)

日本では連動する「ほうれんそう」の3つが常に連動することが多いですが、
中国や海外に行くと、なかなか成立しません。なぜ?なのかを知りたい方は記事詳細をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました